診療内容

男性不妊症

男性不妊症の検査

問診

家族歴、既往歴、常用している薬、職業、など男性の性機能に影響を与える可能性のある事柄について詳細にお話を伺います。

精液検査

男性不妊症の検査として最も基本的なものです。なるべく早い時期に受けることをお勧めします。

精液検査でわかること
精液の量 正常値:2-6ml程度 検査の時期によりかなりの変動がありますが、殆ど無いあるいは1ml以下の場合は、精液の産生障害か逆行性射精(膀胱内に射精してしまう)が考えられます。
精子濃度 正常値:1500万/ml以上 これより精子濃度が少ない場合を乏精子症と呼びます。数により人工授精や体外受精が必要になる場合もあります。
精子運動率 正常値40%以上 運動率が低い場合も男性不妊症の原因となります。
奇形率 正常形態が30%以上 正常形態精子が少ないと受精率が低下して男性不妊症の原因となります。詳しく染色して調べる検査が必要になる場合があります。
白血球数 正常値100万/ml以下 慢性前立腺炎等の感染症が存在する可能性があります。白血球数が多いと受精率が低下するといわれています。
続発性不妊症 一人以上すでに
子供のいる方
この場合でも、年齢とともに精液所見が変化したり、前回の妊娠では偶然精液所見の良いときに当ったのかもしれません。従って一人以上子供さんがいたとしても検査を受ける必要があります。

精液所見は、絶えず変動しています。一度悪かったからといって妊娠できないなどと決め付ける必要はありません。期間をあけて数回検査して判断することが重要です。

精巣容積などの診察

精巣容積(睾丸の大きさ)はその造精機能を反映します。日本人男性の平均は13-16mlぐらいです。オーキドメーターというモデルを使って大きさを計測します。また超音波装置を用いて精索静脈瘤の有無や精巣の内部の状態を観察します。

ホルモンの測定

男性の場合も女性と同じように精巣は、下垂体(脳の一部)より分泌されるホルモンにより刺激されています。LH(黄体化ホルモン)、FSH(卵胞刺激ホルモン)が協力して精巣を刺激することで、男性ホルモンと精子を産生します。またPRL(催乳ホルモン)は乳汁の分泌を刺激するホルモンですが男性で高値を示す場合は性機能に影響を及ぼす可能性があります。

ページの先頭へ

男性不妊症の治療

乏精子症、精子無力症

ホルモン療法、漢方薬、ビタミン剤などの治療を行います。効果がみられないときには、人工授精、体外受精などをお勧めします。

※乏精子症とは、精子数が少ない(1500万/ml以下)場合のことを指します。
※精子無力症とは、運動精子が40%以下の場合のことを指します。

膿精液症

精液中に白血球が多く認められる場合(100万/ml以上)を膿精液症と呼び、精路のどこかに炎症があると考えられます。白血球は受精率を低下させ不妊症の原因となります。抗菌剤を一定期間内服していただき、人工授精の適応とする場合もあります。

性機能障害

ED等、夫婦生活が上手くもてない場合にご相談ください。
漢方薬、バイアグラをはじめ、薬物療法を行います。また、ご希望により膣内精液注入法、人工授精の適応といたします。

ページの先頭へ

費用については、下記ページをご確認ください。

男性不妊症の費用

芝公園かみやまクリニック〒105-0014東京都港区芝2-9-10 ダイユウビル1F
Tel.03-6414-5641/Fax.03-6414-5642